ノックアウト・オプションとは?メリットデメリットとやり方・儲かる攻略手法

目次

ノックアウト・オプションとは?

ノックアウト・オプションとは

最大損失額を固定しながら、為替相場の上昇・下降を予想して、予想が当たった時にレバレッジを賭けたリターンが期待できる投資方法のこと

を言います。

日本国内の証券会社・FX業者では

が提供しています。

2つの業者の解説動画を見てみると、イメージがつかめるのではないでしょうか。

IG証券ノックアウト・オプション解説動画

FOREX.comノックアウト・オプション解説動画

ノックアウト・オプションをわかりやすく解説

ノックアウト・オプションは

あらかじめ「損切(ノックアウト)」を設定して、トレードするハイレバレッジ取引

と考えると良いでしょう。

具体例を挙げて説明すると

例:日経225、買値:22,000円

  • ノックアウト価格:21,500円
  • ブル(上昇)
  • 1ロット

でエントリーした場合

  • オプション料 = ( 買値:22,000円 - ノックアウト価格:21,500円 ×  + ノックアウト・プレミアム 8ポイント ) × 100円/1ポイント(1ロット) = 50,800円

ノックアウトプレミアムとは、ノックアウト時の証券会社に支払う手数料のことを言います。保証料という表現をしているケースもあります。

買値:22,000円 → 22,500円へ変動

500円(500ポイント)の予想が当たったので、1ポイントあたり100円(1ロット)を購入しているため

  • 利益 = 500ポイント × 100円 = 50,000円
買値:22,000円 → 21,700円へ変動

300円(300ポイント)の予想が外れたので、1ポイントあたり100円(1ロット)を購入しているため

  • 損失 = -300ポイント × 100円 = -30,000円
買値:22,000円 → 21,500円へ変動

ノックアウト価格に達したので

  • 損失 = オプション料 = -50,800円

上記をみればわかる通りで

ノックアウト・オプションの最大の魅力は

  1. あらかじめ最大損失を確定できる(「損切」ラインの設定が前提)
  2. 500円の為替変動でも、50,000円分の損益になる(レバレッジ100倍)

という点にあります。

日本国内のFXトレードでは、最大25倍のレバレッジでしかトレードできませんし、CFDでは、最大10倍、仮想通貨なら最大2倍というレバレッジでしかトレードできないなか、ノックアウト・オプションは、かなりのハイレバレッジでトレードできる点が最大の魅力の投資方法と言えます。

ノックアウト・オプションでは、ノックアウト価格は自由に設定できます。

  • ノックアウト価格を現在価格の近くに設定すればするほど
    → 損切されやすくなる半面、損切時のオプション料は少なくて済む
  • ノックアウト価格を現在価格の遠くに設定すればするほど
    → 損切されにくくなる半面、損切時のオプション料は高くなってしまう

という特徴があります。

ノックアウト・オプションとFXとの違い

違いその1.レバレッジが違う

国内FXのレバレッジは

  • 国内FXのレバレッジ:最大25倍

となっています。

米ドル/円 1ドル=100円の時に1万通貨(1万ドル)を保有するとしたら、本来は

  • 1万ドル × 100円 = 100万円

の資金が必要になります。

しかし、実際にはレバレッジ25倍、証拠金維持率4%の資金があれば良いので

  • 必要証拠金額 = 100万円 × 4% = 25,000円

となります。

25,000円の資金があれば、100万円分の取引ができるのです。

これが国内FXのレバレッジ取引の仕組みです。

ノックアウト・オプションの場合は

米ドル/円 1ドル=100円の時に1万通貨(1万ドル)を保有するとしたら、本来は

  • 1万ドル × 100円 = 100万円

の資金が必要になります。

ここでノックアウト価格を99円に設定すると

  • オプション料 = ( 買値 - ノックアウト価格 ×  + ノックアウト・プレミアム) × 100円/1ポイント(1ロット)
  • 必要証拠金額 = ( 買値:10,000円 - ノックアウト価格:9,900円 ×  + ノックアウト・プレミアム:4円) × 100円/1ポイント(1ロット) = 10,400円

となります。

つまり、ノックアウト・オプションの場合は

証拠金10,400円で、100万円分の取引が可能になるのです。

ノックアウト・オプションは、レバレッジ取引ではなく、オプション取引なので、厳密に言えば違うものなのですが、レバレッジ換算すると

  • ノックアウト・オプションのレバレッジ:約100倍

となります。

ノックアウト価格の設定によっては、ノックアウト・オプションの方がFXよりもハイレバレッジでトレードできるのです。

違いその2.追証が違う

国内FXの場合は「追証(おいしょう)」という仕組みがあります。

追証(おいしょう)とは

設定した証拠金維持率を割り込んだ場合に、追加で証拠金を差し入れること

を言います。

国内FX業者A社

  • 追証:証拠金維持率100%以下で追証(通知)
  • ロスカット:証拠金維持率50%以下でロスカット

という業者でトレードしている場合

含み損が拡大して、証拠金維持率が80%とになったとしたら「20%分を明日までに入金してくれないと今持っているポジションは強制的にロスカットしますよ。」という通知が来るのです。

20%分以上の追証を行えば、ロスカットされずにポジションをキープできますが、追証をしなければ、自動的にロスカットされてしまうことになります。

マイナス残高による追証

もう一つ、「追証」が登場するケースがあります。

国内FX業者A社

  • 追証:証拠金維持率100%以下で追証(通知)
  • ロスカット:証拠金維持率50%以下でロスカット

という業者でトレードしている場合

50%を切ると、国内FX業者が強制的にロスカットすることになります。

しかし、相場の急変動時には、一瞬で為替レートが動いてしまうので、レバレッジトレードをしている場合には、国内FX業者のロスカットが追い付かずに、口座残高がマイナスになってしまうことがあるのです。

このマイナス分のことを「ロスカット未収金」と呼びますが

口座残高のマイナス分は、投資家が払わなければならない借金(債務)

となるのです。このマイナス分を返済することを「追証」と呼ぶケースもあります。

国内FXでは、相場急変動時のマイナス残高に対する「追証」が必要だからこそ、入金した口座の証拠金以上に損失を被るリスクがあるのです。

ノックアウト・オプションには「追証」「マイナス残高」という考え方がありません。

ノックアウト・オプションは、あくまでも「オプション取引」です。

オプション取引とは

「権利」を売買する取引のこと

を言います。

ノックアウト・オプションは、オプションの原資産価格がノックアウト価格に達するとノックアウト・オプションは自動的に決済(損切り)されます。権利を失うことを意味します。

「権利を購入して、その権利を失う」のですから、権利を失う以上の損失は発生しないのです。

つまり、

  • 国内FX:追証あり、入金した証拠金以上の損失リスクがある
  • ノックアウト・オプション:追証なし、入金した証拠金以上の損失リスクがない

という違いがあります。

違いその3.エントリー後の損切注文の自由度が違う

FXトレードの場合

エントリー後に損切注文(ストップ注文・逆指値注文)を入れて、損失を限定することが可能です。

損切注文(ストップ注文・逆指値注文)の価格はいつでも変えられる

という特徴があります。

  • エントリー時に損切注文を入れても良い
  • レートが上昇していったら、それに合わせて、損切注文のレートを変えても良い
  • 自動的にレートに追尾するトレーリングストップという注文方法もある
  • 途中で、損切注文を辞めても良い

など、運用方法は、様々で状況に応じて「損切」のレート、実行の有無をいつでも変えられるのです。

ノックアウト・オプションの場合

ノックアウト価格を決めてエントリーする仕組み上

エントリー後にノックアウト価格を変動させることはできない

特徴があります。

ノックアウト価格を変えたければ、一度注文を決済してから、新たな注文を建てるしかないのです。

エントリー後の損切注文の自由度という意味では

  • 国内FX:自由度が高く、いつでも損切注文の内容を変えられる
  • ノックアウト・オプション:自由度がなく、注文時に決めた損切注文の内容は変えられない

という違いがあります。

違いその4.スプレッドが違う

国内FXとノックアウト・オプションでは、スプレッドの違いも大きなものとなっていまう。

IG証券でFXトレードとノックアウト・オプションのスプレッドを比較してみると

通貨ペアFXノックアウト・オプション
USD/JPY0.20.6
EUR/JPY0.51.1
EUR/USD0.40.6
AUD/JPY0.71.3
AUD/USD0.60.9
GBP/JPY12
GBP/USD0.91.5

ノックアウト・オプションの方が0.4~1.0pips広い

という結果になっています。

  • 国内FX:スプレッドが狭い
  • ノックアウト・オプション:スプレッドが広い

という違いがあります。

ノックアウト・オプションでおすすめの証券会社
ノックアウト・オプションなら

選択肢は一択 → IG証券

ノックアウト・オプションのメリット

1.ハイレバレッジでトレードできる

ノックアウト・オプションの最大のメリットは

  • ハイレバレッジでトレードできる

という点です。

国内FXとノックアウト・オプションで比較

1ドル=110円の場合

比較項目国内FXノックアウト・オプションノックアウト・オプションノックアウト・オプション
ノックアウト(損切)レベルまでの値幅とレート資金次第100PIPS:109.00250PIPS:107.50500PIPS:105.00
購入単位1ロット1ロット1ロット1ロット
取引金額(110 × 10,000)1,100,000 円1,100,000 円1,100,000 円1,100,000 円
1pipの損益100円100円100円100円
オプション料44,000円(必要証拠金)10,000円25,000円50,000円
最大損失無制限10,000円25,000円50,000円
利益無制限無制限無制限無制限
取引手数料スプレッドスプレッドスプレッドスプレッド
  • 国内FX → 最大レバレッジ:25倍
  • ノックアウト・オプション → 最大レバレッジ:110倍(1万円で110万円分の取引)

ですから、同じ収益(1pipsあたり100円の利益)を出すのに必要な資金は

  • 国内FX → 44,000円
  • ノックアウト・オプション → 10,000円

ノックアウト・オプションは、国内FXの4分の1以下の資金で同じ収益が狙えることになります。

国内CFD(株価指数CFD)とノックアウト・オプションで比較

日経225=27,000円の場合

比較項目株価指数CFDノックアウト・オプションノックアウト・オプションノックアウト・オプション
ノックアウト(損切)レベルまでの値幅とレート資金次第100PTS:26,900500PTS:26,5001000PTS:26,000
購入単位100100100100
取引金額(110 × 10,000)2,700,000 円2,700,000 円2,700,000 円2,700,000 円
1pipの損益100円100円100円100円
オプション料270,000 円(必要証拠金)10,000円50,000円100,000円
最大損失無制限10,000円50,000円100,000円
利益無制限無制限無制限無制限
取引手数料スプレッドスプレッドスプレッドスプレッド
  • 国内CFD(株価指数CFD) → 最大レバレッジ:10倍
  • ノックアウト・オプション → 最大レバレッジ:270倍(1万円で270万円分の取引)

ですから、同じ収益(1pipsあたり100円の利益)を出すのに必要な資金は

  • 国内FX → 270,000 円円
  • ノックアウト・オプション → 10,000円

ノックアウト・オプションは、国内FXの27分の1以下の資金で同じ収益が狙えることになります。

つまり、

ノックアウト・オプションは、国内FX・国内CFDよりも高いレバレッジでトレードできる投資方法

なのです。

少額の資金で大きな儲けが狙えることがノックアウト・オプションの最大のメリットと言えます。

2.追証なし。損失が限定できる

ノックアウト・オプションは、あらかじめ損切(ノックアウト)の価格を決めてからエントリーする投資方法です。

ノックアウト・オプションでは

「決済価格保証」

お客様の取引はノックアウトレベルに到達すると自動的に決済され、スリッページはありません

出典:FOREX.com

ノックアウト価格に達してしまった場合、スリッページなしでポジションは決済されます。
このためにわずかな保証料(ノックアウト・プレミアム)がチャージされます。

出典:IG証券

とあるように

ノックアウト価格に達したらスリッページなしで自動的に決済される = それ以上の損失は発生しない

特徴があります。そのために、あらかじめ保証料として「ノックアウト・プレミアム」を支払っているのです。

国内FXトレードでは、相場の急変動時に国内FX業者側の強制ロスカットが間に合わないケースでは、口座残高がマイナスになり、マイナス分(ロスカット未収金)を追証という形で後から請求されるリスクがあります。口座に預けた資金以上に損をする可能性があるということです。

ノックアウト・オプションでは

口座に預けた資金以上に損失を被るリスクはない

というメリットがあるのです。

どんなに負けても、口座残高の範囲内で損失を限定できることになります。

3.税金が安い。国内FXと同じ

  • ハイレバレッジでトレードできる
  • 追証なしでリスクが限定できる

と聞くと、真っ先に思いつくのは「海外FX」かもしれません。

しかし、海外FXには大きな落とし穴として「高い税金」というデメリットがあります。

これは海外FXの所得は「雑所得」と見なされ「総合課税」で課税されるため、

  • 所得税率:5%~45%
  • 復興特別所得税:所得税の2.1%
  • 住民税率:10%+5,000円(均等割)
課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円

という税率が課されるのです。

ノックアウト・オプションの場合は税金も、国内FXと同じ「申告分類課税」で

  • 所得税率:15%
  • 復興特別所得税:所得税の2.1%
  • 住民税率:5%

    合計:20.315%

で済むのです。

  • 海外FX並みのハイレバレッジ
  • 損失が限定される

というメリットがある上に

  • 税金は国内FXと同じ20.315%という安い税金

のため、ハイレバレッジトレードをしたい投資家の有望な選択肢となっているのです。

ノックアウト・オプションのデメリット・リスク

1.エントリー時のノックアウト価格が変えられない

FXトレードの場合、エントリー時に損切(ストップロス)注文を設定することもできますが

基本的にポジション保有中であれば、いつでも損切ラインは変えられる

メリットがあります。

もし損切が近づいているけれども、反転しそうであれば、損切ラインをさらに遠ざけるような途中で設定を変更する運用が可能になります。

一方で、ノックアウト・オプションの場合

エントリー時に設定したノックアウト価格は変更できない

特徴があります。

どんな為替変動の状況になろうとも、エントリーしたら、その後にノックアウト価格を変えることはできないのです。ノックアウト価格を変えたければ、現状のポジションを解消し、新たに注文をするしかないのです。

損切ラインの変更方法の自由度は、FXトレードの方が大きいのです。

ノックアウト・オプションの方が、損切ラインの変更方法の自由度は低く、エントリー時に設定したノックアウト価格は変更できないというデメリットがあります。

2.スプレッドが広い

FXトレードとノックアウト・オプションのスプレッドを比較すると

同じIG証券で比較しても

  • FXトレード 米ドル/円のスプレッド 0.2pips
  • ノックアウト・オプション 米ドル/円のスプレッド 0.6pips

と若干スプレッドが広がっていることがわかります。

スプレッド比較

通貨国内FXノックアウト・オプション海外FX
米ドル/円0.2pips0.6pips1.6pips
ユーロ/円0.4pips1.1pips2.6pips
ポンド/円0.9pips2.0pips3.5pips
豪ドル/円0.7pips1.3pips3.0pips
レバレッジ

レバレッジの大きさで言えば

海外FX > ノックアウト・オプション > 国内FX

ですが

スプレッドの狭さとなると

国内FX < ノックアウト・オプション < 海外FX

となります。

ノックアウト・オプションは、国内FXよりはレバレッジが大きくトレードできる分、スプレッドが若干広く設定されているのです。

ノックアウト・オプションでおすすめの証券会社
ノックアウト・オプションなら

選択肢は一択 → IG証券

ノックアウト・オプションの評判・口コミ

ノックアウト・オプションの良い評判

ノックアウトオプションだと ハイレバ 税率安いですね。
ただロットが少ない— 佐 (@FsANYQ4CK6JgxGq) July 17, 2022

まぁノックアウトオプションが出てきた今となっては
出金拒否リスク取って海外業者を使う必要はないし
海外業者で億儲かってます!みたいな人はほぼほぼ嘘だと思われます— ラマン (@sagawa09) July 16, 2022

ノックアウトオプションなら
もっと低資金で出来ると思いますよ☀️— kazu@trader (@Trade1310) July 11, 2022

お世話になります。ノックアウトオプションは成行注文なのでチャートを見たタイミングでエントリーしてしまっているならエントリーが早い可能性が高いです。また利益を伸ばすには上位足に方向感、勢いが必要ですので、ダウの目線やインジケーターのとローソク足の位置関係など見る基準を固めましょう!— Kou@ベーシストFX手法研究家&物理学者 (@BassistFX_Kou) July 5, 2022

短期の反発狙いで購入した日経225ファー•コールオプション、見事狙い通りになったため利確しました😊

しかし経験して分かったのは「オプションは思ったより短期トレード専用商品」ということ。

短期ならIG証券のノックアウトオプションの方がいいので、ボラティリティーK.OでVIXトレードに挑戦!— ペーパーFPの資産運用「株+ゴールド○(債券×)」 (@paper_FP) June 27, 2022

ノックアウト・オプションの良い評判まとめ

  • ハイレバレッジトレードが可能
  • 税金が海外FXより安い
  • 海外FXより安心してトレードできる

ノックアウト・オプションの悪い評判

ノックアウトオプションってもう名前だけで怖いもんなぁ— すなしゃす (@sunashas) July 19, 2022

ダメだぁ😭やらなきゃ良かったぁ😫

GBPUSD、S

証拠金 17,275円
出金合計 50,000円#3万円チャレンジ #IG証券 #ノックアウトオプション— 杏梨 (@angelAcamae) July 18, 2022

いやまじてふざけすぎ、下がるのわかってて割と早めにショートしてたら謎の直前吹上でダウ、ナス、ユロドル全部狩られたまじで心折れたてか金ない、ノックアウトオプション無理やわ— 💩コンカファー💩 (@20190524fx) July 13, 2022

IG証券のノックアウトオプションはゼロカットされない時もある
わずかですが追証が発生する— AK♂ (@UGv7ao6RMq0rMhu) July 10, 2022

ig証券ノックアウトオプションで初めて週跨いだけど、朝5時からレートの配信始まるしスプレットはあれだし。100ピップスくらいあけてるからいいけど、危なすぎ🥶— まんFX (@ar_eud) July 3, 2022

ノックアウト・オプションの悪い評判まとめ

  • ロット数が少ない
  • 週またぎなど、為替レートが動くときは危ない
ノックアウト・オプションでおすすめの証券会社
ノックアウト・オプションなら

選択肢は一択 → IG証券

ノックアウト・オプションのやり方・儲かる攻略手法

1.デイトレードがおすすめ

デイトレードとは

  • その日、1日の中でポジションを決済するトレード手法のこと
  • ポジションの保有期間は、数分~数時間

です。

ノックアウト・オプションでデイトレードをおすすめする理由

1.デイトレードは予想がしやすい

デイトレードの場合は、指標発表などがなければ、大きな暴落に遭遇する確率は低く、急激な為替変動に伴うノックアウトが発生しにくいのです。これがスイングトレードや長期投資となると、急激な経済変動によって、大きく為替変動が起こると、それが原因でノックアウトされてしまうリスクが上がってしまいます。

また、数十秒、数分でトレードするスキャルピングトレードもありますが、スキャルピングトレードの場合は、短期のチャートを見るため、テクニカル分析が効きにくいというでメリットがあるため、スキャルピングトレードよりも、デイトレードの方が望ましいのです。

2.ハイレバレッジは短期取引向き

ノックアウト・オプションは、国内FXよりもハイレバレッジでトレードできる資金効率の良いトレードです。投資資金が少なくても、何十倍、何百倍もの取引ができる反面、予想と違う方向へある程度のpips数動いただけでノックアウトされてしまうリスクもあるのです。少額資金で大きくトレードできるトレードだからこそ、小さなpips変動でも大きなリターンが期待できるのです。小さなpips変動で決着を付けることの方が向いているトレード手法なので、スキャルピングトレード、デイトレードがおすすめと言えます。

3.副業で利用しやすい

デイトレードであれば、仕事が終わって家に帰ってからの1時間~2時間で勝負ができるトレードです。メインの本業がある方にとっては、1日1時間~2時間で数回のトレードというペースでトレードできるデイトレードは、利用しやすいトレードスタイルなのです。

2.順張りがおすすめ

FXトレードでは、大きく分けて

  1. 順張り = トレンド方向にポジションを持つ
  2. 逆張り = トレンド方向とは逆方向にポジションを持つ

2つのトレード手法があります。

ノックアウト・オプションでは「順張り」がおすすめです。

なぜなら、ノックアウト・オプションは、少額の資金でも大きいリターンが狙える資金効率の良いトレード手法です。予想を当てるのも数pips、数十pipsで十分なのです。

1回の勝ち幅は小さくても、勝率が高いのが、トレンドに逆らわない「順張り」です。

ノックアウト・オプション資金効率が高いため、1回の勝ち幅の大きさよりも、勝率が重要になるため、「順張り」が向いているトレード手法となります。

とくに

  • 上昇トレンド中に一時的にチャートが下降したときに、再度上昇する瞬間を狙う「押し目買い」
  • 下降トレンド中に一時的にチャートが上昇したときに、再度下降する瞬間を狙う「戻り売り」

は、非常にノックアウト・オプションにマッチするトレード手法です。

「押し目」「戻り」の判定方法には、いろいろな方法があるので、自分に合った方法を選択して、押し目買い・戻り売りトレードをしてみましょう。

3.トレンドライン・サポートラインを引いて欲張らないノックアウト価格設定

ノックアウト・オプションは、資金効率の高いトレード手法ですが

ノックアウト価格がエントリー価格に近ければ近いほど、オプション単価が上昇し、儲けが大きくなる設定となります。

しかし、ノックアウト価格がエントリー価格に近ければ近いほど、小さなか為替変動でノックアウトされることになり、なかなか儲けられない方も少なくないのです。

重視すべきは「オプション単価による儲け」ではなく、「いかにノックアウトされないか?」です。

直近のトレンドライン・サポートラインを引いて、それよりも離した余裕がある場所にノックアウト価格を設定することが重要です。

ノックアウト・オプションでおすすめの証券会社
ノックアウト・オプションなら

選択肢は一択 → IG証券

ノックアウト・オプションの勝てない理由と対策

勝てない理由その1.曖昧なエントリー基準

ノックアウト・オプションの最大のデメリットは

  • FXトレードとは違って、損切ライン(ノックアウト・オプション)の変更ができない

点にあります。

そのため、

タツヤ
タツヤ

「行けるかもしれないな。」

という確度の低いエントリーチャンスでエントリーしてしまうと、予想が外れたときにノックアウトされてしまい、収益が積みあがらないケースが出てきます。

タツヤ
タツヤ

「確実に行ける」

という確度の高いエントリーチャンスでエントリーすることが最重要になります。

通常のFXトレードよりも、ノックアウト・オプションの方がレバレッジが大きいため、1回のトレードで得られる利益は大きくなります。その分、狙いすまして、確実性の高いエントリーチャンスに絞り込むことが重要になります。

勝てない理由その2.狭いノックアウト価格

ノックアウト・オプションでは

  • ノックアウト価格を決めてエントリーする

形になります。

  • ノックアウト価格が狭ければ狭いほど → ハイレバレッジ

という形になるため、無謀に狭いノックアウト価格をギャンブルトレードをする投資家も少なくありません。

しかし、ノックアウト価格を狭く設定すればするほど、ノックアウトされる確率は当然上がってしまうため、なかなか勝てなくなってしまうのです。

対策としては

十分に現在価格から広いノックアウト価格を設定すること

です。

どのくらいという目安はありませんが、直近の最安値(最高値)ラインをノックアウト価格にするのではなく、そこからも余裕を取ったノックアウト価格設定にすることで、ノックアウトされずにトレードすることができるはずです。

勝てない理由その3.無計画なエントリー

ノックアウト・オプションは

  • ハイレバレッジトレードが可能
  • ノックアウト価格を狭くすると、さらにレバレッジが上がる
  • 上手く行けば、資金が何倍、何十倍にもなる

という特徴があるため

  • 無計画に、ギャンブル的な感覚でトレードしてしまう

という方も少なくありません。

運・不運でトレードをしていたら、勝てるものも勝てません。少なくとも、ノックアウトプレミアム分は、損をしているのですから、分析をあきりで慎重にトレードしないと、勝率50%の運では、損をしてしまうだけなのです。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析をしっかりした上で、トレードすることが求められます。

ノックアウト・オプションのおすすめ証券会社

ノックアウト・オプションで証券会社を選ぶのは比較的簡単です。

なぜなら、ノックアウト・オプションを提供している証券会社は、たった2社しかないからです。

ノックアウト・オプションを提供している証券会社

  • IG証券
  • FOREX.com(ストーンエックス フィナンシャル株式会社)

の2社だけで、どちらも外資系の証券会社です。

2社を比較すれば、おのずと「どちらがおすすめなのか?」わかることになります。

取引ツールで比較

比較内容IG証券FOREX.com
プラットフォーム独自ツールTradingView
操作性良い悪い

IG証券の取引ツール

FOREX.comの取引ツール

一見、どちらも同じように高度な分析ができるトレードツールのように見えますが

FOREX.comの「TradingView」は、他の会社のチャートツールです。

IG証券のように自社開発したものではないため、ノックアウト・オプションに向いている作りになっていませんし、別のプラウザが立ち上がる、チャート上で注文できないなど機能面で劣ってしまうのです。

取引ツールでは「IG証券」がおすすめとなります。

スプレッドの狭さで比較

比較内容IG証券FOREX.com
米ドル/円0.6pips0.9pips
ユーロ/円1.1pips1.4pips
ポンド/円2.0pips2.5pips
豪ドル/円1.3pips1.6pips

スプレッドは一目瞭然で

  • IG証券の方がスプレッドが狭い

です。

スプレッドの狭さでは「IG証券」がおすすめとなります。

取扱銘柄数で比較

比較内容IG証券FOREX.com
FX10125
株価指数2917
商品320

取扱銘柄数は一目瞭然で

  • IG証券の方が取扱銘柄数が多い

です。

取扱銘柄数の多さでは「IG証券」がおすすめとなります。

取引単位で比較

比較内容IG証券FOREX.com
最少ロット1ロット0.1ロット
最少取引量1万通貨1,000通貨
  • 最少ロットは、FOREX.comの方が小さい

です。

少額資金で取引する方には「FOREX.com」がおすすめとなります。

ノックアウト・オプションのおすすめ証券会社は

「IG証券」「FOREX.com」の2社を比較した結果は

  • 取引ツールの使い勝手の良さ
  • スプレッドの狭さ
  • ノックアウト・オプションで取引できる銘柄数の多さ

で見れば「IG証券」がおすすめと言えます。

ノックアウト・オプションを検討している方は「IG証券」をおすすめします。

ノックアウト・オプションのよくある質問

Q.ノックアウト・オプションにCFD商品はありますか?

あります。

IG証券の取扱ってるCFD商品は以下になります。

株価指数

  • 日本225
  • 東京一部
  • ウォール街
  • 米国500
  • 米国テク株100
  • 米国Russ2000
  • ボラティリティ指数
  • 英国FTSE 100
  • ドイツ40
  • フランス40
  • スペイン35
  • イタリア40
  • スイス優良株
  • スウェーデン30
  • オランダ25
  • ノルウェー25
  • デンマーク25
  • 欧州50
  • EUボラティリティ指数
  • 香港HS50
  • 香港HSテク株30
  • 中国H株
  • 中国A50
  • シンガポール優良株
  • 台湾
  • オーストラリア200
  • インド50
  • 南アフリカ40
  • Emerging Markets Index KO

商品

  • WTI原油
  • 北海原油
  • スポット銀
  • スポット金
  • NY天然ガス
  • NYヒーティングオイル(灯油)
  • NY無鉛ガソリン
  • スポットプラチナ
  • NYHG銅
  • シカゴ大豆油
  • シカゴコーン
  • NYココア
  • NY綿花
  • パーム原油
  • アルミニウム
  • NYコーヒー
  • シカゴ材木
  • シカゴ生牛
  • ロンドンココア
  • ロンドンコーヒー
  • ロンドン砂糖
  • NYオレンジジュース
  • シカゴコメ
  • シカゴ大豆
  • NY砂糖
  • シカゴ大豆ミール
  • シカゴ小麦
  • ニッケル
  • 亜鉛
  • 鉄鉱石

Q.ノックアウト・オプションにデモ口座はありますか?

あります。

とも、デモ口座を用意しています。

Q.ノックアウト・オプションの税金はどうなりますか?

申告分離課税が採用されています。

  • 所得税:15%
  • 復興特別所得税:0.315%
  • 住民税:5%

合計:20.315%

です。

Q.ノックアウト・オプションで追証はありますか?

ノックアウト・オプションでは、はじめから最大損失額を設定したトレードになります。

そのため、多くのケースでは、ノックアウト価格でロスカットされるので、証拠金以上の損失を出す可能性は低いのですが、すべてのケースでというわけではありません。

  • ノックアウトオプションをオーバーナイトで持ち越した場合で金利調整額や配当調整額が課金された場合
  • 外貨建てのノックアウトオプションを途中決済した場合やノックアウトされた場合で、円転レートが買い付け時より円安になっている場合
  • ポジションの未実現利益を利用してポジションを建て、それがノックアウトされた場合

これらのケースでは、不足金が発生してしまい、証拠金以上のマイナスが発生する形になります。当然、不足金に対しては、追証で資金の入金を求められることになります。

海外FX業者のようなロスカットで損失分を補てんしてくれるわけではないので注意が必要です。

Q.ノックアウト・オプションで両建てはできますか?

ノックアウト・オプションでも両建ては可能です。

レンジ相場などでは、両建てをしてノックアウト価格を離してポジションを持つことで、レンジ相場ないの為替変動に応じて、利益確定をしていけば、ロング・ショートどちらでも利益を出せるようなトレードが可能になります。

Q.ノックアウト・オプションで指値注文はできますか?

ノックアウト・オプションでは

注文時

  • 成行注文

決済時

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

が使えます。

ノックアウト・オプションでは、損切の逆指値注文は、あらかじめノックアウト価格を入れているので、利用する機会は少ないのですが、利確の指値注文を入れておいてトレードすることは有効な取引方法となります。

Q.ノックアウト・オプションでスワップポイントはつきますか?

はい。

ノックアウト・オプションでも、スワップポイントがつきます。

スワップポイントは、FXで発生する通貨間の金利差調整をノックアウトオプションの想定元本にもとづき配分したものとなります。