GMOクリック証券CFD取引評判レビュー。6つのメリットと1つのデメリットでGMOクリック証券CFD取引を評価

GMOクリック証券CFD取引の基本情報

GMOクリック証券を運営するGMOクリック証券株式会社は、GMOフィナンシャルホールディングスの100%子会社で、GMOグループの証券会社です。

GMOクリック証券のCFD取引の特徴は「店頭CFD国内シェア№1」「取引手数料無料」「スプレッドが狭い」「主要な銘柄は抑えている」「各建玉ごとにロスカットラインを設定できる」「必要証拠金の計算がわかりやすい」などが挙げられます。

CFD取引では一番重要な「スプレッドの狭さ」で定評のある証券会社で、多くの投資家が利用することから、CFD取引の国内シェア№1となっています。

デメリットは、主要な銘柄は抑えているものの、銘柄数という意味では、数万種類の銘柄を選択できるIG証券と比較すると断然少ないのが現状です。

CFD取引では、総合力とトレードコストの安さで一番おすすめできる証券会社となっています。

メリット
  • 店頭CFD国内シェア№1
  • 取引手数料無料
  • スプレッドが狭い
  • 主要な銘柄は抑えている
  • 各建玉ごとにロスカットラインを設定できる
  • 必要証拠金の計算がわかりやすい
デメリット
  • 銘柄数が少ない
CFD取引証券会社レビュー評価
実績・評判
(4.5)
スプレッド・手数料
(4.5)
取扱銘柄の種類
(3.5)
トレードツール
(4.0)
情報コンテンツ
(3.5)
総合評価
(4.0)

取引銘柄

  • 取引銘柄:株価指数CFD:33種類 商品CFD:7種類 バラエティCFD(ETF、ETN、指数先物):17種類 株式CFD::94種類
  • 銘柄数:151種類
  • レバレッジ:株価指数CFD:10倍 商品CFD:20倍 バラエティCFD:5倍 株式CFD:5倍

口座

  • 口座維持費:無料
  • 取引手数料:無料
  • スプレッド:狭い 日経225:1~6 米国30:3~5 原油:0.03 金:0.4
  • ロスカット(強制決裁):ロスカットレート
  • 追加証拠金(追証):証拠金維持率が100%以下

取引

  • 取引時間:銘柄による 月曜〜金曜の午前8:00〜翌午前7:00 (米国夏時間:月曜〜金曜の午前7:00〜翌午前6:00)
  • 取引ツール:プラウザ型ツール 高機能プラウザ型ツール スマホアプリ(iPhone・Android) インストール型ツール(Windows・Mac) 高機能インストール型ツール(Windows・Mac)

GMOクリック証券CFD取引の評判

GMOクリック証券CFD取引の良い評判

GMOクリック証券CFD取引の良い評判まとめ

  • トレードツールが使いやすい
  • 人気が高い。使っている投資家が多い
  • レバレッジをかけて米国株が買える
  • 調整金でプラスが出やすい
  • 取扱い銘柄数が多い
  • ヒストリカルデータがダウンロードできる

GMOクリック証券CFD取引の悪い評判

GMOクリック証券CFD取引の悪い評判まとめ

  • 勝手にロスカットが設定されてしまう

GMOクリック証券CFD取引のメリット

GMOクリック証券CFD取引のデメリット

GMOクリック証券CFD取引口座開設の手順

GMOクリック証券CFD取引のよくある質問